尿酸の上昇がもたらす病|高血圧などの病気は食事で改善可能!宅配で毎日おいしい食事

高血圧などの病気は食事で改善可能!宅配で毎日おいしい食事

シニア

尿酸の上昇がもたらす病

料理

痛風と呼ばれる病気をご存じでしょうか。痛風とは、体内の尿酸値と呼ばれる値が上昇することで尿酸の結晶が出来、それらが体内に蓄積することで激しい関節痛などをもたらしてしまう病気です。特に中高年代の男性に多く見られ、症状が重い場合には立って歩くことが困難なこともあります。痛風になってしまう原因は、前述の通り尿酸値の上昇です。そして尿酸値が上昇してしまう原因は、プリン体と呼ばれる成分の過剰摂取です。プリン体は魚卵などに多く含まれていますが、特に多く含まれているのがビールです。そのため、ビールをたくさん飲む習慣の多い中高年の男性が、痛風にかかりやすいと言われているのです。よって痛風を予防、改善するためには、プリン体の摂取制限を含め、植字による治療が不可欠なのです。

痛風患者の食事について気を付けるべきことは、まずはプリン体の摂取制限です。魚卵やビールなどの他、レバーやカツオなどもプリン体は多く含まれています。そのためこれらの摂取は極力控え、ビタミンやミネラルが豊富な野菜を中心とした食事を摂るように心がけましょう。新鮮な野菜には酵素がたくさん含まれており、代謝を助け体の血行を良くする働きがあるほか、痛風の原因となっている尿酸値を下げる効果もあるため、一石二鳥なのです。また、一日三食の食事を欠かさないということも大切です。一日一食の生活や過剰な間食が多い食生活は、健康を害し生活習慣病を招いてしまう可能性もあります。食事に気を付け、痛風を予防して健康な生活を送りましょう。